「ライティング・オブジェ」ポータル

アーカイブス

ライティングオブジェのあゆみ

2006年 「地球環境と子供たちの未来に向けた平和」をメッセージに、仁木洋子が呼びかけ、朝倉 摂氏、石井竜也氏、日比野克彦氏など11名のアーティストの参加を得て東京国際フォーラムでスタートする。
2007年 会場が丸の内・大手町・有楽町エリアへと拡大し、アーティストの輪も建築家、空間デザイン、イラストレーター、書家などに広がり、55人の参加となる。
2008年 企業メセナ協議会の助成認定をうけ、芸術・文化に貢献しているイベントとして認知される。フランス リヨン市の光の祭典「Fete des Lumieres」との提携が日本で初めて実現した。フランスからも作品が出品され、日仏交流150周年公式プログラムとなる。アーティスト70名の参加となる。
2009年 有楽町駅前で初のクリスマスイルミネーション「耀きの雪が降る ライティング・イルミネーション」をデザインする。アーティスト88名の参加となる。
2010年 開催5周年を迎え、100名が参加。世界でひとつだけのアート作品「光の箱」をつくるワークショップの開催、トークショーやクリスマスコンサート、パーソナル・モビリティ「i-REAL」の試乗 & 撮影会など楽しいイベントも実施。
2011年 東日本大震災を受け、「震災復興支援」のメッセージも発信し、復興支援募金チャリティを実施。被災地に思いを寄せるアーティスト150名が参加。
2012年 横浜でも光の作品を展示し、復興支援の呼びかけを拡大する。 3月11日、福島と横浜の2 会場でチャリティイベントを実施。7月に明治神宮で「光の箱」ワークショップを開催し、奉納展示を行ない、福島へお届けする。
2013年 東京・横浜で「震災復興支援」の継続を呼びかけ「光の箱」ワークショップを開催。3月11日から5 月2 日まで、福島県立図書館で「光の箱」を、コラッセふくしまで、「光の作品」を展示する。4 月28 日に熊本県の協力を得て"くまモン & ももりんふれあいイベント"を開催し1,000 人以上の来場者の皆さんと記念撮影を行う。
2014年 福島で3年目の光の作品展示を行う。広場でのくまモンのふわふわ遊具も人気

過去サイトリンク

 ライティング・オブジェ 2015  ライティング・オブジェ 2014  ライティング・オブジェ 2013  ライティング・オブジェ 2012  ライティング・オブジェ 2011 ライティング・オブジェ 2010 ライティング・オブジェ 2009 ライティング・オブジェ 2008 ライティング・オブジェ 2007 ライティング・オブジェ 2006 明治天皇百年祭